自分でも簡単に焼けるにんにく卵黄

テレビCMなどでよく耳にするにんにく卵黄。
本当は自分でも簡単に作れます。
今回は、その処方をご紹介します。

用意するものはにんにくといった卵黄。

ひとまずにんにくをばらばらにして皮をむき、おけつのところを切ります。
柔らかくなるまで蒸しましょう。

蒸しあがったら卵黄と共に鍋に入れ、焦げないように兆候を見ながら弱火でへ場合において練っていきます。
ここではちみつや粉末のショウガなどを入れてもいいです。

水分が飛び、へ場合が重くなって来る。
耳たぶほどの硬さとして火を止め、薄くのばして冷やします。
冷めたら梅干しくらいのがたいにちぎって、10間ほど寝かせてから棒状にのばします。
この状態でますます7間ほど乾燥させ、包丁が尽きるかたさとして好みのがたいに切り分けます。
そうして一層10間乾燥させましょう。
これでにんにく卵黄の出来上がりだ。

ポリ手提げ袋などに入れて冷蔵庫で撮影行なう。

乾燥させるのに時間がかかりますが、手続きに面倒なことはありません。
にんにく卵黄は自分で簡単に焼けるのです。