クレモリス黴菌FC株の語源は

カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌としてバレるクレモリス黴菌FC株は生きたままで腸まで届いて腸内環境を整えてもらえる乳酸菌だ。公式名は「ラクトコッカス ラクティス サブスピーシーズ クレモリス FC」と言いますが、学名は長すぎるので最後の部分に由来してクレモリス黴菌FC株と呼ばれています。ブルガリア黴菌やビフィズス黴菌などの菌や球菌は種別が異なり、ループ球菌という種別に分類されます。乳酸菌は数多くの雑菌の部類の一つであり、再度その中でも細く分類されているのでそんな長い名が付くことになります。

クレモリス黴菌FC株から仕上がるヨーグルトは他の乳酸菌のヨーグルトはテーストも口当たりも至って違う。多糖で拘りがあるのが最大のインプレッションで、こういう粘り気のおかげで酸性や塩などから痛手を受けずに生きたままで腸に到達することができます。長生きで有名なコーカサス生まれ故郷のクライアントが健康なのはクレモリス黴菌FC株の大きい整腸効果や耐性を上げる身体効果のお蔭だと考えられています。