スーパーフードとして人気のヘンプシードの効果

食生活の乱れが心配な人にとって、手軽に必要な栄養素が摂れる食材は非常に魅力的です。特別な効果や効能を持つスーパーフードとして期待されているのが、ヘンプシードと呼ばれる小さな種です。ヘンプシードは麻の実のことで、大きさはヒマワリの種よりも小さいです。味はナッツ類とほぼ同じなので、クッキーなどのお菓子の生地に入れたり、ヨーグルトやシリアルなどに入れて、食感を楽しみながら気軽に摂取することができます。

スーパーフードと呼ばれているヘンプシードは栄養が豊富で、適量を継続的に摂取することで優れた効果を発揮します。女性の健康と美容を後押しする鉄やマグネシウム、亜鉛などの成分が豊富に含まれています。身体に必要なタンパク質が大量で、体内に吸収されやすい性質を持っています。スーパーフードのヘンプシードは、オイルに加工されたものもたいへん人気です。この種からとれるオイルは、心臓病や動脈硬化の予防、血圧低下の効果があるといわれています。種は調理時に加熱しても大丈夫ですが、オイルに加工された状態のヘンプシードは熱しないようにしてください。加熱すると油の性質が変化し、風味や栄養が損なわれてしまうからです。オイルを使用する際は、サラダにドレッシングとしてかけるなどして楽しみましょう。

スーパーフードプライマリースリム