ピニトール@血糖値を下げるピニトールについて

血糖値を下げるピニトールについて糖とピニトールの関係を紹介しましょう。

血糖値とピニトールの関係

人間ドックで血糖値が高いと指摘された場合、第一に糖尿病の疑いで心配になります。

糖尿病予備軍であったも、これ以上進行しないよう早めの対策が必要です。

食事制限や運動とあわせて、体質改善をしたいところです。

そこで、血糖値を下げるのに役立つ成分として植物由来の天然成分であるピニトールへの注目も高まっています。

血糖値 ピニトール

ピニトールって何?

天然成分であるピニトールはどのようなものなのか?

そのような働きがあるのか紹介すると、

ピニトールは、植物性インスリン様物質とも呼ばれています。

インスリンは膵臓から分泌されていますが、膵臓の働きが悪くなるとインスリンが分泌が悪くなります。

また、インスリン受容体の機能が落ちてしまうと血糖値は下がりにくくもなります。

初期の段階ではこれといった症状は出ませんが、血糖値が高い状態になるようになると疲れやすくなったり、食べても痩せてくるなどの合併症を引き起こす場合もあります。

そこでインスリンと似た働きを持つピニトールが、血糖値を下げやすい環境に整えてくれるのです。

少し難しい話ですが、
通常、血液中のブドウ糖は筋肉細胞に取り込まれエネルギーとして利用されていますが、ブドウ糖がエネルギーとして変換されるのにはGLUT4と呼ばれる糖輸送担体が大切な役割を果たしています。

この糖輸送担体が機能している状態であれば、血糖値は正常に保たれますが、体がインスリン抵抗性を持ってしまうと、血液中にブドウ糖が蓄積されている状態となってしまいます。

ブドウ糖が細胞に届かなければ血糖値は下げることができませんので、ピニトールは機能低下した糖輸送担体の働きを促進させることで、血糖値を正常に保つのに役立ってくれるのです。

ピニトールを食事取れるの?

ピニトールを食事で摂取しようとした場合、多く含まれている食品はどんなものかを紹介しましょう。

身近な食品では大豆があげられます。

大豆製品の中でも、豆乳やきなこには多く含まれていますが、納豆は発酵するときに分解されるのでほとんど含まれていないので注意しましょう。

また、アイスプランと呼ばれる野菜にも含まれており、こサラダで生で食べたり、茹でて食べることでピニトールを摂取できます。

とはいえ、
食事から摂れるピニトールの量は、期待できるほど多くはないのが現状です。

毎日食事で十分な量を摂取するのは難しいため、健康食品やサプリメントの利用もおすすめです。

ピニトール サプリメント

ピニトールを豊富に含むサプリメント

生活習慣、食事生活からくる体調不良、血糖値が気になる方に、ピニトールを上手に摂取し病気予防サプリメントとして人気があるのがグラシトールです。

ピニトール配合のグラシトール

グラシトールは
糖の悩みに対して働いてくれるサプリメントとして注目を集めています。

運動不足や不規則な食生活などにより糖の摂りすぎ、また、体内への蓄積は現代人の特徴でもあり、糖尿病や肥満の原因につながります。



>>公式サイトはこちら

グラシトールの成分は
アイスプラントに含まれるピニトールをはじめ、そのピニトールの役割を最大限発揮させるためのビタミンB群、マンガン、亜鉛といったミネラルなど11種類の補酵素が含まれています。

ピニトールをもう少し説明すると、糖のバランスを調整してくれる栄養素で、古代インドのアーユルヴェーダから利用されてきた栄養成分、マメ科の植物に存在している天然成分です。

植物性のインスリンとしての効果は、血中の糖の骨格筋への運搬を行う糖輸送担体の働きを活性化させることで血糖値の上昇を抑制します。

アイスプラントは、
そのピニトールを多く含む植物ですが、このグラシトールの主な原料になっている植物です。

南アフリカ原産の多肉植物の一種で、機能性植物として注目されています。

乾燥地帯の植物は強い生命力を持っており、水分の調整を行う能力が非常に高いことが知られています。

このアイスプラントも乾燥ストレスから身を守るために独自の浸透圧調整機能を持っています。

グラシトールサプリメントに使用されるアイスプラントは、グラシトールを販売するアグリ生活の工場で独自に生産されており、完全無農薬で天候に左右されない室内栽培のため品質も安定しています。

グラシトールには、他にも健康効果を高める成分が配合されています。
亜鉛は、DNAやたんぱく質合成に必要な栄養素ですので不足すると免疫機能低下を防ぐために欠かせません。
一般的にも認知されているとことですと、牡蠣やレバーなどに多く含まれていますが、食生活でそれを補うのは難しく、現実的に不足しがちな栄養素である言われています。

ビタミンB1,B2,Cは補酵素として体内の健康維持の役割を担っています。

グラシトールにはこれらの栄養素も含まれているわけですが、これらがピニトールの働きを補助するのです。

グラシトールは、糖の改善だけなく、現代の食生活が抱える問題、また、健康予防に及ぶ幅広い効果を期待されたサプリメントでもあるのです。



>>公式サイトはこちら

グラシトール

グラシトールの口コミを紹介します

会社の人間ドックで血糖値が少し高いので食事と運動を注意されました。
血糖値に気を使った食事はなかなか難しいため、悩んでいました。
そんな中、栄養補給も兼ねてグラシトールの話を同僚から聞いて試してみることにしました。
当初は何も変化がありませんでしたが、続けているうちに徐々に体の動きが軽くなっていくの感じました。
人間ドックでも先生から改善の傾向があると行ってもらえました。糖尿病予備軍の私が今、普通に生活できるのもこの商品のおかげですし、何時でも気軽に摂取できるのでおすすめです。

40歳を過ぎて健康診断で血糖値が正常の範囲を超えた130でした。。
糖尿病の手前だと担当医師から言われたので、ネットでいろいろな口コミを探していたところグラシトールのことを知り、試してみました。
毎朝飲むだけなので、長く続けられ、また外出先手軽に飲めるので欠かさず続けました。
食事制限や運動は一切しせんでしたが、3か月飲み続けて血糖値も安定してきたので、このサプリメントのおかげだと思いますし、この調子で続けようと思っています。

42歳で人間ドックの時に血糖値が高いと診断されました。
インターネットで良いものはないかと調べていたところ「ピニトール」がいいことを知り、ピニトールのサプリを探していたところ、グラシトールの事を知り飲み始めました。
サプリメントなのでいつでも飲めますし、ニオイもないので騙されたと思いつづけました。
グラシトールを続けながら食事制限もすることで自分の身体のケアには力を入れ2か月後の再検査で血糖値の安定も確認できました。
若干お腹もすっきりしてきたので、メタボ対策にもいいかもしれません。

私の場合、1ヶ月飲んでその後の検査ではインスリンに変化はありませんでした。
3ヶ月以上飲んだ方の体験談を見ると
・30代の頃から血糖値が高く悩んでいたところ、グラシトールを紹介されて5か月ほど飲んだ後、人間ドックを受けたところ数値がかなり下がっていました。
・ホルモン療法をするほど、月経が安定していませんでしたが、グラシトールを3ヶ月ほど続けたら安定してきました。
などの体験談から、最低3ヶ月くらい飲んでみてから、変化を見た方が良いと感じ、私ももう少し続けたいと思いました。

41歳の時、会社の健康診断で高血糖だと診断されました。
同窓会で旧友からグラシトールを紹介され飲み始めました。
運動も考えましたが仕事が忙しくてなかなかそんな時間は取れず、グラシトールは飲むだけの生活をつづけました。
効果を感じることはありませんでしたが、半年後の検診で血糖値が下がり正常値に戻っていました。

私は、人間ドックで生活習慣病だと判断されました。
ということで生活習慣に気を付けましたが、再検査でも数値は改善しませんでした。
ということでインターネットで口コミや評判・体験談などいろいろ調べていたら、グラシトールにめぐり合いました。
リーズナブルな価格とアイスプラントの効果に期待したわけですが、飲み始めて2ヶ月後の健康診断で数字は若干改善され一気にモチベーションが上がりました。
このまま、油断せずに継続したいと思っています。

身長160cmで体重が90kgをオーバーしてしまい、人間ドックでも指摘されたので、まず糖質制限ダイエットを行なってみました。
ダイエット中は食べれないということでストレスがたまり、過食を繰り返すほど挫折をしていました。
糖質制限ダイエットはあきらめて、グラシトールのお試しをはじめました。
有名な女優やアスリートもこのサプリを併用しているということが動機です。
サプリなどのストレスを感じず、生活習慣がそれほど変わったわけではないですがダイエットも順調に進んでいます。



▲ページトップに戻る